ひとりごとブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 剪定する”ということ

<<   作成日時 : 2013/09/03 14:50   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

  
画像


なんだろうか
このすっきり感
悩んで
みんなに相談して
考えた末にやけっぱちに
なんだっていうんだ
開き直って
でも待てよ
もしかして駄目だったら
剪定後に枯れてしまったら
今まで大切に育てたものがパーに
グルグルと失敗が目に見える
何日も何回も行ったり来たりの繰り返し 
やっと鋏を入れた
できた
解った
剪定ということ
体得できました
やってみてそしてわかった
自分で判断して
自分にできたのです
切った後の成就感
満足感そして安堵感も

つるバラの夏の剪定方法がわからなかった。四季咲きのつるバラは20センチ程度切るというが実際してみると20センチくらい詰めていた。細枝、ふところ枝、細枝、ブラインド枝など整枝し、枝先を切り詰めると自然に長さが決まってくるのだ。これはガーデニング冥利に尽きるといってもよいだろう。今日仕入れた話だが、いけばなでも鋏を使い”きる”という動作が見直されているという。ドーパミンでも出て脳循環が爽やかになるのだろうか。もっとも”切る”という言葉は「縁を切る」とか色々な意味があるらしい。「思い切って」などとも使われおもしろい。剪定時の切るということば、園芸家にとってはステキな好ましい言葉です。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
剪定する”ということ ひとりごとブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる